「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」(幻冬舎文庫) 山田 詠美 (著)


~紹介した「ねむし」(男性)さんの記録 ~
(2016年2月28日読書会にて)

51xe0wW3qxL ねむし

感想というか戯言というか単なるSEO対策の文章


内容(「BOOK」データベースより)

ある時、街ですれ違った男の上着の中の匂いを嗅いで、私は昔の男を思い出して道の真ん中で泣きたくなる。ある時、バーで流れる黒人音楽は特定の男を思い出させて私を泣かせる。嗅覚があって良かった。5感が正常で良かったと、神様に感謝するのはこんな時。そして、恋物語を泣かずに書ける自分の理性にも感謝する。

著者は山田詠美さん。生まれてからこの方読んだことのない作家さん。そんな人たちはたくさんいる。読まずに死ねるか!!でも、無理だ。時間は限られている。

なんて、言い訳がましいことを書いてみたが、先月の交換読書会(2016年4月23日)で山田詠美さんの本、『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』が僕のもとにやってきた。自分のもとにきたものは主催者の建前読んでいる。つまり、読まずに死ねない本となってしまった。

そのときにいろいろ書くのでこの辺で。

Hasta luego٩꒰。•◡•。꒱۶

本の行方


ねむし→→→→→ツダ
ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー (幻冬舎文庫)
山田 詠美
幻冬舎
売り上げランキング: 108,111