「何者」 (新潮文庫) 朝井 リョウ (著)


~紹介した「とも」(男性)さんの記録~
(2016年03月26日読書会にて)

3nanimonokaimeno とも

感想というか戯言というか単なるSEO対策の文章


朝井リョウの「何者」はこれで3回目の登場。

いままでのものはこちら。

2015年8月22日に紹介【「何者」 (新潮文庫) 朝井 リョウ (著)】

2016年2月27日に紹介【「何者」 (新潮文庫) 朝井 リョウ (著)】

この物語の肝となっているのがSNS(twitter)なわけだが、オープンな形でのSNSは今後さらに利用率が減っていくだろう。

こちらは、twitterに関してではないが、こんな記事を発見した。

利用デバイスのモバイルシフトが加速、10代のFacebook離れが進む

フェイスブックは「おっさんが自慢する場所」

twitterよりも、実名登録が暗黙の了解になっているfacebookのほうが衰退していくのが早そうだが、おっさん、おばさん世代では有効に活用されているようなので、ある特定層で生き残っていくのだろう。

10代の若者は「ニコニコ動画」を「ださいから観ない」?文化の移り変わりの早さに戸惑ったり納得したりのTL

2chの高齢化や、mixiの衰退なんかを考えると、いまあるものが果たして5年後10年後、どのようになっているのか気になるところだ。

Ate ja٩꒰。•◡•。꒱۶

本の行方


とも→→→→→しもじ
何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

posted with amazlet at 16.06.07
朝井 リョウ
新潮社 (2015-06-26)
売り上げランキング: 3,153