「ヴィヨンの妻」太宰治著


03

交換読書会2013年6月8日開催にて交換
後藤けいこ(学生)

斉藤允(会社員)
本の内容AMAZONより引用
新生への希望と、戦争を経験しても毫も変らぬ現実への絶望感との間を揺れ動きながら、 命がけで新しい倫理を求めようとした晩年の文学的総決算ともいえる代表的短編集。 家庭のエゴイズムを憎悪しつつ、新しい家庭への夢を文学へと完璧に昇華させた表題作、 ほか「親友交歓」「トカトントン」「父」「母」「おさん」「家庭の幸福」「桜桃」、いずれも死の予感に彩られた作品である。