「黄金の服」 (小学館文庫) 佐藤 泰志(著)


~紹介した「みずしま」(男性)の記録~
(2016年09月11日読書会にて)

81ho2x4mkkl

内容(「BOOK」データベースより)
泳いで、酔っ払って、泳いで、酔っ払って…。夏の大学町を舞台に、若い男女たちが織りなす青春劇。暑い季節の中で、「僕」とアキ、文子、道雄、慎の四人は、プールで泳ぎ、ジャズバーで酒を飲み、愛し合い、他の男たちと暴力沙汰になり、無為でやるせなく、しかし切実な日々を過ごす。タイトルの出典であるロルカの詩の一節「僕らは共に黄金の服を着た」は、「若い人間が、ひとつの希望や目的を共有する」ことの隠喩。僕たちは「黄金の服」を共に着ることができるだろうか?他に「オーバー・フェンス」、「撃つ夏」を収録。青春の閉塞感と破壊衝動を鮮やかに描く短篇集。

1mizushima

読み終えた際の感想ツイート


この小説をもとに映画化され作品

 


原作:佐藤泰志「オーバー・フェンス」(「黄金の服」所収 小学館)
監督:山下敦弘

キャスト
白岩義男 – オダギリジョー
田村聡 – 蒼井優
代島和久 – 松田翔太

配給:東京テアトル、函館シネマアイリス(北海道地区)

この映画を観終えての感想


本の行方


みずしま→→→→かっしー
黄金の服 (小学館文庫)

黄金の服 (小学館文庫)

posted with amazlet at 16.10.11
佐藤 泰志
小学館 (2011-05-10)
売り上げランキング: 19,583