「インド夜想曲」 (白水社) アントニオ タブッキ(著)須賀敦子(翻訳)


~紹介した「げん」(女性)さんの記録~
(2016年11月20日読書会にて)
内容(「BOOK」データベースより)
失踪した友人を探してインド各地を旅する主人公の前に現れる幻想と瞑想に充ちた世界。ホテルとは名ばかりのスラム街の宿。すえた汗の匂いで息のつまりそうな夜の病院。不妊の女たちにあがめられた巨根の老人。夜中のバス停留所で出会う、うつくしい目の少年。インドの深層をなす事物や人物にふれる内面の旅行記とも言うべき、このミステリー仕立ての小説は読者をインドの夜の帳の中に誘い込む。イタリア文学の鬼才が描く十二の夜の物語。

関連動画


スカパー! 日曜シネマテーク- TOKYO FM 80.0MHzより

本の行方


げん→→→→ひろや
インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
アントニオ タブッキ
白水社
売り上げランキング: 105,353