新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)  村上 龍 (著)


51hoebF7ezL

交換読書会2014年11月8日開催にて交換
みずしままさゆき(運営者)

M.S
この本を紹介してくれたかたの言葉(以下↓運営者による断片的なメモです)
・九龍城の世界観
・ダチュラという言葉がキーワード
・対照的なキクとハシ
・デヴィットリンチのような世界観
・慣れるまで読みづらい
本の内容AMAZONより引用
一九七二年夏、キクとハシはコインロッカーで生まれた。母親を探して九州の孤島から消えたハシを追い、東京へとやって来たキクは、鰐のガリバーと暮らすア ネモネに出会う。キクは小笠原の深海に眠るダチュラの力で街を破壊し、絶対の解放を希求する。毒薬のようで清清しい衝撃の現代文学の傑作が新装版に。