「ロマンス小説の七日間」(角川文庫)三浦しをん(著)


~紹介した「GM」(男性)さんの記録~
(2017年06月04日読書会にて)

内容(「BOOK」データベースより)
あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、歯も浮きまくる翻訳に奮闘しているところへ、会社を突然辞めた神名が帰宅する。不可解な彼の言動に困惑するあかりは、思わず自分のささくれ立つ気持ちを小説の主人公たちにぶつけてしまう。原作を離れ、どんどん創作されるストーリー。現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてとんでもない展開に!注目の作家、三浦しをんが書き下ろす新感覚恋愛小説。

関連動画


http://hi-ka-ri.com/

三浦しをん原作、究極の善悪を超えた衝撃作!ついに映画化。 「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている一作、「光」が『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新、瑛太のふたりの狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放っている。苛烈なる人間ドラマがここに誕生した。(youtube解説より引用)

本の行方


GM→→→→ツダ
ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
三浦 しをん
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 166,249