「朽ちていった命:被曝治療83日間の記録」(新潮文庫) NHK「東海村臨界事故取材班」(著)


~紹介した「山本」(女性)さんの記録~
(2017年07月21日読書会にて)

内容(「BOOK」データベースより)
1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者を救うべく、83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった―。「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生をやめ次第に朽ちていく体。前例なき治療を続ける医療スタッフの苦悩。人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問う渾身のドキュメント。

関連動画



本の行方


山本→→→→みずしま
朽ちていった命:被曝治療83日間の記録 (新潮文庫)
NHK「東海村臨界事故」取材班
新潮社
売り上げランキング: 17,136