「鹿男あをによし」(幻冬舎) 万城目学 (著)


~紹介した「有栖川」(男性)さんの記録~
(2017年09月03日読書会にて)
内容(「BOOK」データベースより)
大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。

過去に紹介された本の情報


 

本の行方


有栖川→→→→Mizuki
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
万城目 学
幻冬舎
売り上げランキング: 76,922