「PLAY・JOB  プレイ・ジョブ」 ポール・アーデン (著), sanctuarybooks (翻訳)


~紹介した「AO」さん(男性)の記録~
(2015年6月27日読書会にて)
71YHe8IMvYS

AO

 

 

主催者の感想というか勝手な妄想


この本の表紙には、ビジネスを遊びにすると書かれている。これをみてあることを思い出した。

いまから少し前の話になるが、当時の私は仕事に悩んでいた。行き詰っていたといったほうがいいのかもしれない。それを救ってくれたのが、大学時代の先輩の助言だった。

ある日、飲み屋で飲んでいると、学生時代の先輩と遭遇した。卒業してからしばらくあっていなかったので、昔話に花が咲いた。そして一通り盛り上がったあとで、ふとこんな展開になった。

先輩:「仕事のほうは順調か?」

私:「先輩・・・・・」

先輩:「どうしたんだ。さっきまでの元気はどうした?なんかあるなら言ってみろ!」

私:「実は・・・・、どうしても仕事が楽しくなくって・・・・」

先輩:「はははははっ。そんなことか」

私:「真剣に悩んでるんですよ」

先輩:「仕事を仕事だと思うからいけないんだ」

私:「ななな、何を言ってるんですか!?」

先輩:「遊びだと思えばいいんだ!!」

私:「無理に決まってるじゃないですか!?」

先輩:「ばっきゃろー!!」

私の頬を殴る先輩。手に持っていたグラスが宙に舞う。

私:「痛いじゃないですか。何なんですか急に!!」

先輩:「昔のお前は違ったぞ。もっと楽しんでた。仕事なんて所詮、遊びだ!!」

私:「どういうことなんですか?」

先輩:「知りたいか?」

私:「はい!!」

先輩:「本当に知りたいか?」

私:「はい!!!」

先輩:「ばっきゃろー!!」

私の頬を殴る先輩。拾い上げて、手に持っていたグラスが宙を舞う。

私:「もーーーう、一体なんなんですか!!」

先輩:「そんな簡単に教えてたまるか。甘ったれるな!!」

私:「・・・・・・」

先輩:「でもな、可愛い後輩だ。今日は特別に教えてやる」

私の肩を叩く先輩。

私:「あっ、ありがとうございます」

先輩:「お前、釣竿を持ってるか?」

私:「釣竿?はい、まぁ持ってますけど」

先輩:「じゃあ、それを持ってけ。会社に持ってくんだ」

私:「は?そんなの無理に決まってるじゃないですか」

先輩:「仕事は、遊びなんだ!!」

私:「わっ分かりましたけど・・・・、とりあえず、持ってたとして、でも会社ですよ。魚なんていませんけど、どうやって・・・・」

先輩:「カツラっぽい、上司とかいるだろ?」

私:「はぁー、まぁいますけど。それが?」

先輩:「釣れ!!」

私:「釣る?」

先輩:「そうだ、釣って釣って釣りまくれ!!リアル”大漁ぐるぐるさかなつり大会”いや、カツラ釣り大会の開催だ!!」

81P4smK6XUL._SL1500_

私:「・・・・・・」

先輩:「うまく、リールを巻けよな。バレないように。あと、カツラっぽい人には気を付けろ。あれは罠だ。ひっかけた瞬間にバレるぞ。カツラのやつはスポッと抜けるからバレないんだ。あと、意外とカツラっぽくない人もカツラかもしれないから、その辺の情報収集は怠るな。常に目を光らせておくんだ。仕事どころじゃないぞ集中しろ。それから、もしかしてと思っても植毛のパターンもある。そういうやつがいたら、植毛は経費で落ちませんって注意して、その後でこっそりゆで卵をあげろ」

私:「先輩に相談した私が馬鹿でした・・・・・」

先輩:「なんだよ。結構いいアイデアだと思うんだけどな」

机にうなだれる私。

私:「はぁ。明日も、書類の山を片付けなきゃいけないんですよね・・・・1000枚あるんですよ」

先輩:「なに?もう一度言ってみろ。何枚あるんだって?」

私:「いや、だから、1000枚ですよ。1000枚」

先輩:「チャンスじゃないか!!」

私:「チャンス?」

先輩:「そうだ!!それこそ、仕事を遊びに変えれるチャンスだぞ!!」

私:「あっ、まだ続いてたんですね。まぁ、聞きますけど・・・・」

先輩:「お前、折り紙は得意か?」

私:「まぁ、小さい頃やってましたね」

先輩:「鶴は折れるか?」

私:「まぁ・・・・」

先輩:「じゃあ、折れ!!!その書類を全部、鶴にしてやればいいんだ。ちょうど1000枚。千羽鶴の完成だぞ!!」

私:「・・・・・・」

先輩:「そして、出来上がったらそれを社長に持っていくんだ。会社の業績が上がるようにと願いを込めて折りましたっていえばいいんだ!!!」

私:「聞くんじゃなかった・・・」

先輩:「社長に持っていくのが嫌だったら、大病を患っている人のとこに持っていけ。治りますようにと願いを込めましたと。CSRとはまさにこのことを言う」

私:「即、クビですね」

先輩:「その他にもいろいろアイデアがあるぞ。名刺にプリクラを張るとか、電話応対のときに相手が”もしもし”って言ったら”あっ、亀さんですか?”と言うとか、スーツ風に裸にペインティングした状態で行くとか、朝早く行って社長の椅子に座るとか、社長の椅子にぶーぶークッションを仕込むとか・・・・・・・・」

私:「もう、なんなんですかいったい!!そういえば、先輩って大学卒業してからどこで働いてるんでしたっけ?」

先輩:「おれは、無職だけど」

私:「ばっきゃろー!!!」

 

おわり

 

本の行方


AO→→→→→高橋