「2016年08月11日」の交換読書会より


交換読書会@東京 in池袋


久しぶりに、池袋のカフェドクリエにて行いました。

あそこは、9時開始にしないと席が取れないんで、眠い目をこすってってなるんですけど終わってみればまだこんな時間かあって具合で、早起きは三文の徳という昔おばあちゃんが言っていたことわざが身に染みて分かります。

さて、今回の参加者は、男性3名(うち主催者1名)、女性5名の計8名でした。(初参加の方は3名)

紹介された本の写真を撮り忘れちゃったんですよね。

最近は、パーフェクトヒューマンだったんですけど、久しぶりにカフェドクリエでやったんであたふたしてました。

そこで、こんな感じで救済措置です。

2016811

文字の情報も載せておきますね。

「ポジティブ・チェンジ」(日本文芸社)メンタリストDaiGo (著)
「春の嵐―ゲルトルート」(新潮文庫) ヘッセ (著), 高橋 健二 (翻訳)
「山田商店街」(幻冬舎)山田 マチ (著)
「変身」(新潮文庫) フランツ・カフカ (著), Franz Kafka (原著), 高橋 義孝 (翻訳)
「メタモルフォーゼ」(手塚治虫文庫全集) 手塚 治虫 (著)
「海辺のカフカ (上)」(新潮文庫)村上 春樹(著)
「ゴジラ・モスラ・原水爆―特撮映画の社会学」(せりか書房)好井 裕明 (著)
「堕落論」(角川文庫)坂口安吾 (著)
『「つまらない人!」とは言わせない話し方』(経済界)野口 敏(著), 梶村 操(著)

この日は、今年から始まった祭日、”山の日”ということで、山に関連した本を持ってこうと思ったのですが、それよりもこっちだよなあということで、「ゴジラ・モスラ・原水爆―特撮映画の社会学」って本を持っていきました。

その理由はもちろん「シン・ゴジラ」です。

昔ゴジラについての本を読んだよなあと思い、本棚から引っ張り出して改めて読み直し、当日紹介した次第です。本の詳しい内容については、最近たまりにたまってる、いままでに紹介された本の情報を書くときにでも書ければと。

関係ないですが、youtubeを検索してたら出てきた、このミニラの動画は可愛いのでおススメです。

さて、今回のアンケートですが、こちらです。

「夏に読書量は増えますか?」

ドロドドローン、結果はこんな感じです。

  • はい・・・1人
  • いいえ・・・0人
  • とくに変わらない・・・7人

うん、まあそうかあという結果です。

次回の告知です。

『8月28日(日曜)【14:00~16:30】@池袋の元小学校』(満員)
詳細はリンクよりご確認ください
http://dokusyokai.com/?page_id=2

それでは、さようなら(◍•ᴗ•◍)