「2015年08月22日」の交換読書会より


image

今回の交換読書会の様子です

 

交換読書会@東京 in四ツ谷


2ヶ月ぶりに四ツ谷にて読書会を開催しました。こちらの会場は貸し切りで利用できるので、周りを気にせずゆったりとお話しできるのが魅力かと思います。

今回は、合計で13名、男性9名(うち主催者1名)、女性4名の方にお集まり頂きました。

2グループに分けて行ったのですが、そうなると問題となるのが自分がいないほうの司会をどうするのかということです。前回、四ツ谷で行ったときは、参加者の方にも司会をしてもらうという苦肉の策で乗り切ったのですが、

やはりそれだと初参加の方など戸惑う場合もあるかと思いまして、今回は何回か交換読書会に参加して下さっているトモさんに司会のほうをお願いしました。

おかげで、スムーズに会のほうも進めることが出来ました、ありがとうございます!!

さて、今回お集まり頂いた本はどのようなものだったのでしょうか。

キッチン (角川文庫) 吉本 ばなな (著)
海のふた (中公文庫) よしもと ばなな (著)
本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 原田マハ (著)
なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?単行本(ソフトカバー) 松村 嘉浩 (著)
想像ラジオ (河出文庫) いとう せいこう (著)
騙し絵 日本国憲法 (集英社文庫) 清水 義範 (著)
喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫) 森 博嗣 (著)
奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール 渋谷 直角 (著)
四畳半神話大系 (角川文庫) 森見 登美彦 (著)
十角館の殺人  (講談社文庫) 綾辻 行人 (著)
クレヨン王国の十二か月 (講談社青い鳥文庫) 福永 令三 (著), 三木 由記子 (イラスト)
モンテ・クリスト伯〈1〉 (岩波文庫) アレクサンドル デュマ (著), Alexandre Dumas (原著), 山内 義雄 (翻訳)
何者 (新潮文庫) 朝井 リョウ (著)
ジャイロスコープ (新潮文庫) 伊坂 幸太郎 (著)

以上が、紹介された本です。

自分がいたグループでは、「十角館の館」を持ってきたかたがおり、これは前々回の読書会にて紹介していた方がいて僕の手元にやって来た本なんです。だから、既に読んでいたので、前々回の方の紹介、僕が読んでみての感想、そして、持ってこられたかたのお話をお聞きしそのように読んでいるのかと非常に考え深かったです。

また、僕のグループではないのですが、吉本ばななさんの「キッチン」こちらも、既にこの読書会にて登場しているものなので、今回はどのように紹介されていたのか気になるところです。今回もワークシートに記入して頂いたので、それぞれどのような評価をしているのか見比べてみるのも楽しいかと思います。

他にも、参加者間で、「私もその作家さんが好き!!」「読んだことある!!」など、盛り上がった場面もあり、なんともいえない、ふとしたワクワク感とでもいいましょうかなんか良かったです。

会を開くたびに、いつも悩まされます。まだこんなに面白い本があるのかと。読みたくなるじゃないですか、かといって読むのには時間がかかるわけで、その時間がないんですよね。本が食べ物だったら、いいのになあなんて思いますね。できることならどこかに1年ぐらい引きこもって本だけを読んでいたいですね。でも、そうもいきません。あー悩ましい。

これから、ワークシートの情報をこちらのサイトのほうにアップしていく予定ですが、前回のものがだいぶ残っているので、それが終わり次第、まぁ1週間後ぐらいにアップ出来ればと。

また、次回四ツ谷で行う読書会は、9月20日を予定しておりますが決まり次第、ご連絡致します。

(いち早く情報を手に入れたい方は、一応、twitter、facebookページもあるので、そちらをフォローやいいねボタンを押していただければと思います。)

今回、参加して下さった皆様ありがとうございました!!

おわり・・・・・とみせかけて、この文章を書きながら聞いていた最近はまっている音楽を載せておきます。

GLIM SPANKY」というバンドなのですが、マジで、かっこいいです。

おわり