「バッタを倒しにアフリカへ」(光文社新書)前野ウルド浩太郎(著)


~紹介した「みずしま」(男性)さんの記録~
(2018年05月03日読書会にて)

内容(「BOOK」データベースより)
バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション!