「ようこそ地球さん」星新一著


09

交換読書会2013年6月16日開催にて交換
みずしままさゆき(読書会運営者)

あーちゃん(メーカー)
この本を紹介してくれたかたの言葉(以下↓運営者による断片的なメモです)
・ショートショートという短編スタイルをSFで確立した。
・皮肉めいた表現も魅力。
・30年ぐらい前の作品もあるが、いま読んでも色あせてない。
・未来はユートピアかディストピアか?
本の内容AMAZONより引用
文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している ――人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編 を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。